ハンドボールの主なルール


1.コートについて  別図1 コートの主な寸法
・コートの大きさ 40m×20m
・ゴールの大きさ 高さ2m×幅3m
・ゴールエリアライン ゴール前方6m
・7mライン ゴールラインから7mの距離で長さ1m
・交代ライン センターラインから長さ4.5m

2.競技時間
・正規の時間 高校生以上は、前半30分、後半30分。
中学生は、前半25分、後半25分。
休憩時間は、10分。
・延長        正規の時間で勝敗が決まらない場合は、
5分の休憩ののち10分間

3.チーム
・ゲーム人数 1チーム7名(CP6名、GK1名)
※CP:コートプレーヤー、GK:ゴールキーパー
・選手の交替 交替エリアから自由
・ユニフォーム CPとGKが異なる対照的な色

4.ボールの扱い方
・身体の使用部分 膝から上
・ボールの保有時間 3秒まで
・ステップの範囲 3歩まで。ジャンプしてキャッチし、着地した足は0歩。
・キック        ボールに足で触れることは反則。

5.スロー
・スローオフの仕方 試合開始、失点後はセンターライン中央からレフェリーの合図後3秒以内に行う。
相手選手は3m以上離れなければならない

6.反則
・7mスロー 明らかな得点機会を阻止された時、守備側選手が攻撃を止めようとゴールエリアに
入った時などに与えられる。
・フリースロー 7mスロー以外の違反に対して与えられる。
・オーバータイム 3秒より長くボールを保持する。
・オーバーステップ ボールを持って4歩以上歩く。
・ダブルドリブル    ドリブルしたボールを一度持って、再度ドリブルする。
・プッシング 相手を押す、突き飛ばす。
・キック        キーパー以外が足でボールを扱う。
・パッシブプレー 攻撃しよう、あるいはシュートしようという意図を示さないで、チームがボールを所持し
ようとする。

7.罰則   
・退場 反則や危険行為が繰り返されたときは2分間の退場となる、交代出場は出来ない。

8.レフェリー 別図2 ジェスチャー
・警告 反則や反スポーツマンシップ行為にはイエローカードが提示される。
・失格         重大な反則、反スポーツマンシップ行為、同一選手が3回退場を受けた時提示される。
・権限         同等の権限を持った2名によりジャッジする。
罰則など 異なった判定になった時は重いほうの罰則を適用する。


     「別図1」 コートの主な寸法

    ,               


     「別図2」 レフリーのジェスチャー

        反則が行われたとき、レフリーは次のようなジェスチャーで、どのような反則が行われ
        たかを示します。その後のプレーは相手側のフリースローで再開されます。明らかな得
        点チャンスのときに反則が行われた場合は、相手側に7メートルスローが与えられます。

    ,               

ご意見・ご感想は、E-mail: webmaster@handball.jp まで。

[ ホームページ ] へ戻る。